【何かを増やす】

チンギス・ハン、オゴデイに仕えた蒙古の大宰相、耶律楚材(やりつそざい)は次のように言っています。

 

「一利を興すは一害を除くに若かず。一事を増やすは一事を減らすに若かず」

 

簡単にいうと、何かを始めるなら何かをやめなければならない。何かを増やすなら何かを減らさないといけない。ということですね。当たり前のことですが、これがなかなかできないのです。