【学問について】

学問ということの定義について、世間に誤解が蔓延しています
本来の学問というのはある分野がなんであるかを追求し続け行為のことです。

 

学の目的が、いい大学に入学する単位を取る資格を取る学歴に箔を付ける、それによっていいところへ就職する・・・ 現代日本人の多くが考えているこういったことは正確には学問とはいいません。これらは履修というのが本当であり、学問のうちの一行為のことす。
 
学問は学校で売っているパッケージ商品ではありません。履修や資取得目的とするために大学へ行くなら、そこは英語でうとろの University はなくVocational college というべきものです。

 

学問の営みに終わりはありません。もしある学問がこれ完成とするのならば、もうそれは学問ではなく、自然科学でえば理や定理、人文でいえばドグマまたは宗教というべきものです。
 
個性運命学においても、代表である星里奏も学を追求し続ける仲間の一人であって、教祖ではありません。

 

個性運命学の分野目的は文明観が行き詰まってしまった現代、逼塞し今をどう生きるか人の営み進化させること。ポストモダンの範疇に入るでしょうか。非常にやっかいで大きなテーマですがですから時に迷い、間違え、考え方も変わっていきます。ですから「学」と名乗っているのです。