【独行道二十一箇条】

一 世々の道をそむく事なし

一 身にたのしみをたくまず

一 よろづに依怙の心なし

一 身をあさく思 世をふかく思ふ

一 一生の間欲心思はず

一 我、事におゐて後悔をせず

一 善悪に他をねたむ心なし

一 いづれの道にもわかれをかなしまず

一 自他共にうらみかこつ心なし

一 恋慕の道思ひよるこゝろな

一 物毎に数奇このむ事なし

一 私宅におゐてのぞむ心なし

一 身ひとつに美食をこのまず

一 末々代物なる古き道具を所持せず

一 我が身にいたり物みする事なし

一 兵具は格別余の道具たしなまず

一 道におゐては死をいとはず思う

一 老身に財宝所領もちゆる心なし

一 仏神は貴し 仏神をたのまず

一 身を捨ても名利はすてず

一 常に兵法の道をはなれず

 

正保弐年乙酉五月十二日 新免武蔵玄信