【良し悪し】

すべての行動や選択には、なんであれ、一長一短があります。

なにかを決断するときは、いいことばかりではないはず。逆に、苦難に直面するときは、それで損ばかりではないはず。

 

何かを捨てて何かを取る。何かを守って何かを諦める。何かいいことをすれば何か悪いことが始まり。敵のいないやつには味方もいないとも言います。

このやっかいな選択を、ずっと続けていくのが、人生。たぶん死ぬまで休息できる日はありません。

 

その選択の積み重ねを、数に沿って行えば、人生はどんどん上昇し、法則を無視すれば、停滞し、やがて落ちぶれていく。そんなところが、世の人生を分けているのです。

だから、実践する前に、数を見ること。これが重要ではないでしょうか。