【合成の誤謬】

たとえば、不景気のとき各家庭が消費を抑えて貯蓄にはげむと世の消費が抑制されて企業業績が悪化し、給料下がって家計がより逼迫する。

 

ミクロで正しいことがマクロで正しいとは限らない

あることですぐれたことが他のことですぐれているとは限らない

 

ういった現象を経済学では「合成の誤謬」といいます。

 

あなたに勝つべき理由があるとき、勝負は全力で、どんな手を使ってでも勝ってください。

 

が、すべてなんでも誰にでも勝つ、必要は、ぜんぜんありません。

 

みんなが自尊心を元に意味のないことにまで勝ちの価値を求めると、ムダどころかかえって害悪になります。

これも合成の誤謬です。