【望み】

さて、「空」「回天」「裁断」を経て、一個の個性に成ることにより、はじめて自分の望みがわかってきます。それまでの希望や欲求は、本来のあなたのものではなく、周りから得た情報や影響によって醸成された、いわば模造品です。

 

ところで、この社会は、あなたにその模造品を模倣し続けることを強制します。そのほうが社会の秩序が保てるからです。執政者や権力者にとって、秩序の現状維持が、最優先事項です。

もちろん、成長段階のあらゆることは、巧者の模倣からはじまります。しかしそればかりだと、社会は停滞してしまいます。

ここらで、あなたの強烈な個性を打ち出してみてわ?

千利休は、言いました。

 

「型から入って、それを破れ」