【逃げの小五郎】

『孫子』(の兵法)には、負けそうになった時にどうするかが書かれていません。

 

後にまとめられた『三十六計』という兵書には、戦いに不利に陥ったときの計略が、一から三十五まで示されていますが、最後の三十六計にこう書かれています。

 

「走る上と為す」 (逃げるのが上策)

 

「三十六計逃げるに如かず」の語源となった言葉ですね。

 

たとえ負けても玉砕するのではなく、再起を期していまは逃げる。

潔く責任なんか取らなくていい。

いつかチャンスが来た時にリベンジする。

 

タイトルの「逃げの小五郎」とは、長州の桂小五郎(木戸孝允)のあだ名です。

桂小五郎も状況が悪くなるとすぐに逃げた。

だから最後まで生き残って明治の元勲となったのです。