【口にできない男の夢】

『源氏物語』などを見ると、平安時代の夫婦は同居せず、当時の男性は「通い婚」が普通でした。

妻は夫に経済的な負担をかけず、妻の実家がすべての費用を負担し、婿をとても大切にして、婿のぶんの着物や食べ物、女房(家の召使い)さえ、すべてまかなってあげるのが普通だったようです。生まれた子も妻の実家が養育するのが通例で、婿の出世さえも妻の実家の家格にかかっていて、いろいろ応援したそうです。

なんともこれは、男にとっては夢のような時代ですな。

 

光源氏の最愛の妻、紫の上は、幼女の頃にさらってきた女君ですから実家はあてにできず、すべて光源氏に依存していました。このような愛情だけで迎えられる結婚というのは「据え婚」と呼ばれ、当時は軽い存在として低く見られていたそうです。

 

しかしよく考えてみると、当時は自由恋愛などなく、女君の方が男を選ぶ権限があるのでして・・・ 

そして、これはごく一部の皇族や貴族たちの物語。となると、現代にも同様の人たちは都心あたりに大勢いそうで、三田にあるキャンパスとか・・・ 今が「宇治十帖」の時代と思えば、納得できます。

 

 

ABD個性運命学