【負けは、人のせいに】

仕事での失敗とか、なにか目的が叶わなかったときとか、誰かに文句の一つも言いたくなることがあるでしょう。

 

そういうときはどんどん人のせいにしましょう。わるいのはあなたじゃなかもしれない

 

責任を含めたあらゆる「コストの外部化」は、すぐれた現代企業がとるべき重要な戦略ですから、いいでしょう。

 

しかし必ず守らなければならないは、それをけして人に言ってはいけないということです。

 

ぜったいに秘密にして自身の心の中に留めなければならない。

なぜなら人に表明したとたん、たちまちあなたは光り輝く人のせいにする人」という称号を得ることになります。

 

それってどうしようもない信用失墜です。

だって、あなたならそんな人と付き合いたくないでしょ? 

自分のせいにされたらたまったもんじゃないですから、近寄りたくもない。

 

自分の心の中であいつのせいだ、こいつのせいだ、とさんざん自分を慰めて、でもどこにも表明できないのならもうそれを続けるこいかに時間の無駄であるか気づいたら30分くらいでヤメにして、人の過去の行為より、これから自分のことを考え、せっせと次の目的にむかっていくほうがいいと思いませんか