【一寸先】

油断することなかれ、「一寸先は闇だ。」と申します。

 

 

一寸先が闇だということは、反対側から見た「一寸先は光だ。」ということ。

 

絶望なんて言ってるうちは、まだ望が残ってるということです。