【Life is a journey.】

「夫天地は、万物の逆旅にして光陰は百代の過客なり」  李白 

 

天地を宿(「逆旅」は旅人をむかえる宿の意)、月日(光は日、陰は月)を、永遠に旅を続ける客と見立てる。

 

旅しているのは、ときなのか? 

人なのか? 

そのどちらかによるかが、運命の充実感を異ならせている思う。