【ジャンクDNA】

10年ほど前、人のDNAすべての読み取りに成功しました。それでわかったのは、人体の発生に必要な科学的に活性のゲノムは全体のたった2%ほどで、あとの98%のDNAは不活性で、これは不要な、意味不明のガラクタ、ジャンクDNAなどと呼ばれてきました。

 

このことは科学者を不思議がらせてきましたが、近年の研究で、その98%のゲノムは活性2%の遺伝子をコントロールするための部分で、いつ細胞の発生や活動を開始するか、食事をとるなど外部からの刺激を受けて、どうホルモン分泌をするか等を決定するスイッチの役割を果たしていることが知られてきました。

 

つまりほとんどのDNAは、設計図ではなく外部からの刺激や時間を司って、2%をどう動かすか管理するために存在しているのですね。

主役ばかりが注目されますが、その活動を支えているのは多くの脇役ということのようです。