【選べる勤勉】

自分の得意なことや、やりたいことを仕事やライフワークにできたら、それほど幸せなことはないですよね。なんてたって、それは労働が労働とも思えず、毎日趣味に遊んでいる気分でいられそう。

 

ん? まてよ、それはわかるが、それならなぜそうしない?

 

人類は、太古の農業革命で食うや食わずから解放され、都市革命で知的生産を行えるようになり、産業革命で人力以外の力を使えるようになった。しかしそれはそれで、また新たな、勤勉という義務を生み出した。勤勉さの種類を自分で選択できないという苦痛を。

 

IT革命、AI革命によって、その勤勉さの種類も、将来は人それぞれ、好きに選んでいけるようになるかもしれません。

我々はいい時代の入り口に立っているのかもしれないですね。