【愛】

「理性」という言葉の意味や用法は知っているつもりでいましたが、何が理性的か、ということに関して、これまで一度も真剣に考えたことがありませんでした。

 

『モリー先生との火曜日』(ミッチ・アルボム著)という本に、

 

 

「愛は唯一、理性的な行為である」:レヴァイン

 

 

という記述があり、恥ずかしながら、理性ということを初めて知ったような気がします。

 

ふだん私たちは、「愛」は感情的、情緒的なもので、「政治」であるとか「ビジネス」などといったものが、理性の営みであるように捉えがちです。

しかし、よくよく考えてみると、根元はその逆であることが理解できました。

 

欲望から発したビジネスは理性のゲームを行い、愛は理性から始まり、人の感情を震えさせる。

 

 

ABD個性運命学