【取説2】

たった一度きりの人生、仮に人生の取説があったとしても、いろいろ複数をあわせては、実行不可能かもしれません。

 

たとえば、自分のやりたい仕事がバンバン入ってきてお金を稼げたとしても、家族と一緒にいられる時間は減るかもしれません。

 

病気しらずだと、病気を抱える人の気持ちを理解することができないかもしれません。

 

異性にモテまくるとしたら、いつまでも家庭を持てないかもしれません。

 

ささやかな倖せばかりを固守していると、大きなチャンスを逃すかもしれません。

 

不幸に慣れて、その場を凌ぐことに上手になると、幸福に疑い深くなるかもしれません。

 

どんなに速い馬を持っていても、目的地が解らなければ、たどり着くことはできない。どこかへ行こうとすれば、どこかへは行けない。選択するのは、やはりあなた自身です。