【メディアリテラシー】

むかしの独裁政府は、国民に知られたくない秘密や気づかれたくない制度上の欠陥を隠す場合、手紙や通信を検閲して新聞や雑誌を発禁にするなどして情報を遮断し、思想の統制をおこないました(今もやっている政府もあります)。

 

いまもし私がナチスかKGBか北朝鮮の秘密工作員であるとして、ABD協会員の皆様の思想統制を試みるなら、もうそんなことはいたしません。

むしろ、一見関心をひきそうな、例えば「日本人だけが知らない歴史の真実」とか「東大生が教える受験をらくらく勝ち抜くテクニック」とか「絶対に痩せる!素敵な彼氏ができる必勝ダイエット法」とかを題名にしてまったく内容のないブログやメールや広告やらを毎日50通くらいお見舞いします。

 

しかし私がやらなくても、そういうのはいくらでもある昨今なので(大新聞テレビを含め)、自分に意味のない情報はきっぱり棄てて、本当に必要なものを取捨選択できる能力(リテラシー)が、必要ですね。