【師】

「私を誹謗したり、私の短所をあげつらって攻める人は、私の師だ」 『荀子』修身編

 

師であれば、どうして疎んだり憎んだりする必要がありましょう? むしろ必要なものでありましょう。