【創造の可能性】

「ある所を知りて、なき所を知る。是即ち空也」 (五輪書・空の巻)

 

今わかっていることを探求していけば、わからいないことも自然とわかってくる。これが「空」に当たるということ。そこからしか創造は始まらない。

 

あなたのまわりに空が、可能性が、無限に広がっているのです。