【大予言】

星里奏先生の紐解きは占術の一種ですが、巷の占いは、当たるか当たらないか、で全ての評価が決まっているようなところがありますね。

しかし「あなたは来月死にます」なんて、当たると困るでしょう? そしてそれを何らかの方法で回避すれば、当たらなかったことになります。

 

占いなんて馬鹿げてる、と思いつつ、では、世の経済評論や政治評論は、それほどよく当たるのでしょうか? 素晴らしい学歴や経歴の有識者と呼ばれる先生方がしたり顔で解説しますが、トランプ大統領が当選すると予測していた識者は、筆者の知る限り一人しかいません(ジャーナリスト・木村太郎)。

他にも、イギリスのEU離脱、熊本の大地震、民進党の合流・・・ 

 

公共の電波を使いハズレの予想をさんざん垂れ流したあげく、なんら批判も反省もなく、ましてや責任を取るでもなく、その後も同じことが繰り返されていますが、こういうのをまさに「既得権益」というのではないでしょうか。

 

 

ABD個性運命学