【神:楽】

生命というのは、それにしても、楽観的で不思議なものです。

 

この宇宙がいかにして今のようになり、どこまで大きいのかを知らず、生命がどのように発生し、自分たちがどうして誕生したかも知らず、この先、未来がどうなっていくかもわからず。

それでも、こうして生きている。

科学の研究が様々に進んでいるとはいえ、それらの真実はいまだわからず。

でも、こうして生活している。

なんという楽観だろう。

 

世界の設計者たる、神を信じないもよし。

けれどそれで、ひとりで、全てのことを抱え込む、それは、あまりにしんどく、恐怖ではないですか?

「神さまの思し召し」にしといたほうが、楽ではないですか?