【サイコロ】

サイコロを振ります。1が出ると大当りで景品がもらえます。

これまでところ、サイコロが10回振られ、なんと10回連続で1が出ています。

さて11回目は何が出るでしょう? 次こそは1以外の数字が出る可能性が高いのか? いやここまできたなら、今度もまた1が出る確率が高いのか?

 

けれど、どちらも人間的な幻想です。1が出る確率は毎回いつでも6分の1。これは前回以前にどのような数字が出ていようと、1が出るのはそのつど6分の1の確率でしかありません。

 

でも現に、いまのところ1が10回続いている。このまま60回を上限で振るなら、もう二度と1は出ないとでもいうのか? ということも、ありえるでしょうか? それも違います。

現実世界の結果は、常に偏りを伴います。1が出る確率が6分の1であるには、サイコロを1万回とか100万回とかふってみて、サンプルの回数が多いほど、そのような相似値に収斂していくということです。

 

ですから、その前提となる確率の偏りがある最中において、いつ参加し、いつ撤退するかというのが、機を捉えるということになります。その機会獲得のタイミングも、これまた統計によって表すことができるのです。