【成功する男性、成功する女性】   かつての将軍や皇帝や王族の方々が勝負にこだわったように、現代で私たちは成功にこだわりやるべきことを選択できるのです

【Successful women and men】

Like some royalties, generals and emperors said “winning is everything” in the past, we can select what we should do to be a successful person today.

 

 

たくさんの成功者のクライアントさんの中でも

「更に発展していくタイプ」

「衰退していくタイプ」

を検証してみると面白い統計になりました

 

ご存知の通り

チャレンジ無くして成功は無いのですが

チャレンジするタイミングに合わせた計画や戦略

があるかないか

 

逆に

早く成果が欲しいから個性もバイオリズムも無視し

焦って早い時期に目標設定をして失敗する人

   

きちんと自分の個性のバイオリズムに合わせた

計画や戦略を持った目標設定をする人

  

プロセスで当然失敗という名の経験をするのですが

  

このプロセスでの経験をどのように捉えるのか

  

失敗経験を

誰かのせい環境のせい条件のせいにするのか

自分が源と捉え個性とバイオリズムと向き合い

修正改善出来るか否かにより

  

大きく分かれます

 

誤った自己流自己評価だけはしないでください

 

仕事がうまくいかなかったり

チャレンジで失敗したりすると

自信喪失となって他人と自分を比較してしまい

 

ついつい劣等感にさいなまされたりします

 

劣等感とは自分が他人と比較して劣っていると

勝手に思いこむ自己評価のこと

 

そう!勝手に!

 

人のせい何かのせいにし正当化するのも自分

劣等感で自虐するのも自分ですが

 

個性とバイオリズムに向き合い

健全なる自己改善こそが

あなたは優れている自己評価となり自信となります

 

勝手に自己流で自分自身をマイナス評価せず

 

あなたが生まれ持った個性とバイオリズムが

あなたらしく輝くように

神さまは活かしてくれるのです

 

個性とバイオリズムは

的確な改善点を見出し

プラスの方向に自己評価が出来るようになります

 

どんなに苦しくても

くさらずおごらずエゴに気を付けて

 

じっくりと考えるべきは過去の失敗ではなく

過去に個性とバイオリズムに向き合わなかったこと

 

今あなたがいる安心安全領域の心地よさは

あなたのバイオリズムを見据えると危険領域かもしれません

 

目の前にあるチャンスを掴むところから

伝説ははじまります

 

 

信頼とは

自分の個性と相手の個性を受け入れる覚悟と器

 

 

恋愛も

人間関係も

ビジネスも

美容も健康も

時間の自由も

使命も

全て

皇帝や将軍や偉人たちもこだわり続けた

帝王学があるのです

現代に合わせて一般にもわかりやすくしたのが

「ABD個性運命学」です