【初心忘るべからず】 初心忘るべからず。 誰もが聞いた事がある言葉だと思います しかし、知ってるし分かっているはずなのに、時が経つにつれ忘れてしまう

【Never forget the beginner’s humility】

“Never forget the beginner’s humility.

I think every body have heard of it.

However, even you know and understand that, you’ll forget it over time...

 

 

プラトンは「ティマイオス」、「クリティアス」の中で「アトランティス大陸」について語っています。

 

アトランティスの民は、

とても善良で、よく働き、勉強や研究に熱心で、高い理想と勇敢な冒険心をもち、

神を畏れ、自然を大切にし、友愛で互いにいたわりをもって、国を繁栄させた。

 

ありあまる富も、知恵と自制心をもってあつかった。

彼らは、気高き、偉大な精神を備えていた。

 

だが、時を経るにつれ、

 

成し遂げたことにおごりたがぶり、

遊興、喧噪、いがみあい、無関心、責任のがれ、怠惰で傲慢で・・・やがて堕落の深さがあきらかになっていった。

 

己の成功のみ目がくらみ、弱いものを陥れ、人を許す寛容さを失い、

大地や海を愛さず、宇宙を畏敬と驚嘆の目で見ることもせず、神々を信じることをやめた。

 

なにが真の幸福がわからないものにとっては、野望と権力を際限なく追及し、借金を増やし、

人を押しのけ、だしぬき、他者に残酷な者が、富と名声の絶頂にいるように見えた。

 

穢れた地上を見て、天の主は決めた。

 

洪水でおしながして、きれいにしてしまおう。

 

プラトンの時代から、約1万年むかしの話だそうです。

 

人の幸福を考える「ABD個性運命学」です。