【無】

以前「空」は「無」ではないとお話ししましたが、では「無」とはどういう状態でしょう?

 

アインシュタインは宇宙の外側には何も無いといいました。

何も無いと言われても、なんか真空の空間のようなところだろう、というのが我々ふつうの人の想像力ですが、何も無いというのは、時間も存在しないという意味で、時間の存在しないところに空間は存在しないし、空間のあるところは必ず時間が存在する、この概念をアインシュタインは「時空」と呼びました。

つまり宇宙の外には時空が存在しないということで、時間も空間もなければ他のもの(我々が認識できるもの)が存在するはずがありません。

 

「無」というのはそういうことらしいですが、私たちは在るものは理解できても、無いものというのはなかなか理解できないので、迷います。

ともかく現に我々は無に取り囲まれた有という意味の中に生きていて幸せになれるのですから、0に何をかけても0ですし、無い物ねだりはしないほうがよさそうですね。