【扉を敲く】

作文などを何度も見直すことを「推敲(すいこう)する」といいますね。

その語源が、なかなかいい。

 

むかしむかし唐の時代。科挙の試験を受けるために長安の都にやってきた賈島(かとう)は、夜半、ロバに揺られて道中を行きながら、詩を作っていた。

「僧は推す、月下の門」という一句を口ずさんで、「推す(おす)」ではなく「敲く(たたく)」のほうがいいかな? などと迷いつつ、手で門を押すふりをしたり、叩くしぐさをしたり、夢中になるあまりロバの手綱をとるのも忘れ、むこうからやってくる役人の行列を避けられず、その中に突っ込んでしまった。その行列は長安の知事・韓愈(かんゆ)の行列であったために、賈島はすぐに捕らえられ、韓愈の前に引き出された。

そこで彼は、韓愈に事の次第をつぶさに申し立てると、漢詩の大家であり、名文家でもあった韓愈は「それは、敲くのほうがいいだろう。月下に扉を叩く音を響かせるほうが、風情がある」と言って赦された。その後、二人は馬を並べて行きながら、詩を論じあった。

 

このことから、文章を書いたあと、良くするために何度も見直すことを「推敲」というようになりました。

日々のこのブログも、いちおう2回くらいは推敲して献上しております。