【将棋】

将棋をしない人でも「王手飛車取り」という言葉を聞いたことあるでしょう。

 

攻められる側は、王か、飛車角か、重要な駒のどちらかを失うことを選択しなければならない、葛藤の局面です。

 

しかしこれは、云いとしてはおかしい。

王を取られればゲームオーバーなのですから、考えるまでもなく王を優先すべきで、これじゃぜんぜん葛藤にならない。

 

そこでもしも迷うなら、所持品を失いたくないという、えらく女々しい態度じゃありませんか。

けれど、そういうことは人生ではよくあることかもしれません。

 

心の葛藤にしても、社会での対立にしても、本当の葛藤とは、善悪や優劣の対立などという解りやすいことではありません。

 

両方とも正しいと思えるもの同士が対立する。

これが本当の葛藤です。

 

それに悩む価値はあるか? 

そこから悩みましょう。