ABD個性運命学体験者様の声

5. 人が怖い

 

【大阪府八幡市 50歳女性 Yさん


 

 ABD個性運命学・鑑定士である、八幡市にお住いのYさんは、7年前にご主人をなくされた。

 Yさんの夫は、代々つづく老舗料亭の跡取りのご主人であったが、働きざかりの50歳のとき、心筋梗塞でとつぜん亡くなられた。他界後、料亭事業と不動産を売却することになった。そのまとまった遺産をめぐって、相続争いが生じたという。

 

「うちとこは子供ありませんでした。親ももうおりませんから、主人の兄弟も相続人なるんです。」

 

 民法は、この第3順位相続の、配偶者と兄弟姉妹が相続人である場合  配偶者3/4 兄弟姉妹(2人以上のときは全員で)1/4 と定めている。

 相続財産の大部分は料亭の事業と不動産であり、料亭は分割すると事業価値を失うので、一括売却して現金で分配するか、株式化して分割ということが現実的だったが、その取り分の比率を兄弟姉妹が同意せず、まったく相続手続きが進行しなかったのだという。

 

 

「とくに恐ろしかったのは、主人の東京の兄という人でした。毎晩のように電話をかけてきて、あの店は自分たち一族がずっと大切に育ててきたものであるのに、おまえに子供ができないから、他人の手にわたるのだ、と。申し訳ないと思わないのか? 店を残したいなら、預貯金分をやるから、その他の相続分は辞退しろ、と迫ってくるのです。その後、電話出るのをやめたら、内容証明郵便まで届くんです。」

 

 このことは、弁護士に依頼の上、数年の裁判を経て事態が解決するのだが、これ以降、人間不信になってしまったという。

 

「私は学校出て18でいまのとこに嫁いできたので、一度も仕事をしたことがないんです。店でも手伝おうと思いましたが、義姉が女将でとりしきってましたので、あんたは家をしっかり見とけいわれて、出入りさえさせてもらえへんのです。主人に死なれて、手に職もありません・・・」

 

 預貯金があったのでとりあえずの生活には困らないが、少しでも仕事をしようと考えた。自分には子供がなかったが、大の子供好きであったので、近所の小学校で学童保育の先生のアルバイトを始めた。

「私は性格が、もともとあんまり積極的ではないんです。引っ込み思案いうか、言いたいこともはっきりできず。そのせいか、人にからかわれたり、いらいらさせたり。あの相続のことがあって以来は、もう人が恐ろしく恐ろしくてたまらなくなりました。子供を相手にしててでも、ときおり子供の言うことさえ恐ろしいときもあります。」

 

 

 Yさんが唯一の自信を持っていたことは、年に数回行われる神社の祭礼で、雅楽の龍笛を担当して演奏することだった。子供のころから親しんだ笛の腕はプロ並みで、謝礼はわずかなので職業とはいえないが、神社の仲間は、彼女を支えた。

 その神社関係者から、ABD個性運命学の講座に誘われた。仲間と誘いあって外出するのは楽しいが、Yさんは、いつものごとくあまり積極的ではなかったらしい。

「こういう勉強をするのは楽しいのですが、けど、じっさい相談を依頼されでもしたら、とんでもない、と怖いんです。私のような気の弱いものが、ましてや社会の経験もないのに、人のこととやかく言うて、進路を助言するだなんて、ぜったいに無理や思いました。」

 

 しかし、講座内での仲間もでき、ステップを重ねていく。もともと真面目なYさんは、2年あまりで課程を修了し、鑑定士として、鑑定の仕事を受けられるようになった。当初は友人や友人の紹介で鑑定を始めて、通常の依頼者の鑑定をこなしはじめてからは、次のように感じたという。

 

「どんな人であっても、人間は、自分を知るということが一番魅力的なものなのですね。だから、頭が良くて積極的な人が、理屈をなんとかかんとか言っても、つまらない易者や予言者みたいなのでも自分のことを言われると動かされてしまう。社会的に少し偉くなって、複雑な問題や手の打ちようがない試練にぶつかると、平生のうぬぼれがきかなくなって、どこそこにそのての明るい人があると聞くと、やはり行って聞いてみたい、聞いたら気になってしょうがない。みんなそれほど自信のないものなのです。」

 

 Yさんは、人がまったく怖くなくなったらしい。鑑定士と依頼者という立場になるだけで、自分のような気の弱い者が言うことを、偉い人がまじめに聞いてくれる。彼らも、自分とそんなには違わないのだと。

 

 

 余談だが、相続の裁判が始まってまもなく、東京の義兄が事業の失敗で自己破産したそうである。後になって考えると、あの執拗さは、家業のことなどとやかくいいつつも、単に借金にまわす金が欲しかっただけなのだろう、と思ったら、子供を作れなかったことで店を失ってしまう申し訳なさ、それが、きれいに消え去ったという。

「汝自らを知れ」と昔から言われるが、これがなかなかわからないものである。


※掲載の体験談、感想は、個人・団体の了解を得て紹介しています。内容は編集・校正の上掲載しています。通常は本人の同意、了承無くこのような掲載・開示はいっさい致しません。掲載の個人間に関するご質問、お問い合わせ等にはいっさい応じかねます。ご了承ください。

一般社団法人Astrology Bio-Rhythm Deciphered協会