【足るを知る者には仙境 足るを知らざる者には凡境なり】

現代社会では情報化社会ということもあり

様々な出来事や現実に直面されます

 

日々巡る出来事や現実に満足感や幸福感を

感じ取る感性の持ち主には理想的

 

逆に

どんなに豊かに満ち足りていても

満足感や幸福感を感じ取る感性が無い人には俗的

 

どんな時代にも社会が発展する活力が

何であるかはとても大事な事なのです

 

目先の満足、目先の欲求、目先の利益

などに執着していると脳と心が枯渇してしまう

 

足るを知る

とは、何かを手にして満足するのではなく

 

あるがまま

の現実に満足感や幸福感を感じ取る感性

 

あるがままとは

あなたの『命(めい)と数(すう)』のままということ

 

その感性が司る価値観や信念などが

『命(めい)と数(すう)』から機を捉え

あなたらしいオンリーワンの花を咲かせるのです

 

あなたがあなたの

『命(めい)と数(すう)』に満足する1日を

楽しむ笑顔こそが周囲の光となる