【運のいい男】

日露戦争、日本海海戦の英雄、連合艦隊司令長官・東郷平八郎。

戦争前の彼は、舞鶴鎮守府長官の後、引退予定、という境遇にいました。

ある日、海軍大臣・山本権平に呼び出され、とつじょ連合艦隊司令長官の勅令を受けます。

海軍内で目立つ存在ではなく、あまり名の通っていなかった東郷推薦の理由を、明治天皇が山本に尋ねます。

 

「東郷は、運がいい男なのです」

 

山本の答えに、明治帝は、それで納得したようです。

この頃の日本の男って、こざかしさがなくって、清々しいですね。