【統計】

昨日の話に関連して。

 

どうして人は「過去にこういうことがあった」という話を気にするのでしょう? 過去にそれがおきたからといって、またおこるとは限りません。

しかし、二度あることは三度ある、といわれるからなのか、大成功したあの人、または破滅したあの人は、自分と似ているな、なんて思ってしまうからでしょうか?

 

気の置けない人と自分が似てきてしまうのは当然のことですが、本来的に似ているかそうでもないのかは別として、同じような顔をした人は声色も似ていたり、同じような育ち方をした人は同じような考え方をしたり、同じような体型の人は同じような病気になるかもしれません。

 

で、それによって、自らを戒めることができる。そうすれば、チャンスを手にし、不幸を避けることができる。それが統計の上手な使い方だと思います。