【功を奏する】

奏する、とは典雅な言葉でありますが、もとの意味は、王などへ成功を上奏することで、「奏功する」ともいいます。

 

しかし現代の我々は、上奏する相手さえいませんね。

現代の平等というのは、束縛や理不尽さから自由である反面、錦を飾る故郷というか、孝行したい親などを持たない、縦の流れから孤独なのが、現代人なのかもしれません。

 

 

一般社団法人ABD協会