【敦盛】

人の真価なんて、しょせん、おちぶれたときにこそわかるもの。

絶頂の時なんて、露と消えゆく、夢幻の如くなり。

いつまでもあると思うな親と金、と運。