【上だの下だのと、騒ぐじゃないよ】

「その人を知るには、その人がその人の部下をどう扱うかを見ればいい」

ということわざがあったような、どこで見たのか忘れました。

 

どうして多くの人自分は他人より格上だと見られたい、と思うのでしょう? 

どうしてそう見られないと「なめてんの、このやろう!話になるのでしょう?

 

「なめてなんかねー、ばかやろー!ってセリフが北野武の映画でありましたが、誰もあんたのことなん、気にも見もなんともしていないのに。

 

 

どうせなら、そう見られるだけじゃなく、ホントに格上な人になれいいのにねぇ。