【風 というのはどうして吹くのか?】

海上や地上を、風が吹き抜けていく。

逆に、静止している空気の中を、地面の方が動いていく、とは誰も思わない。

 

けれど、元はと言えば、後者の方が正しいのです。

 

気流や海流というのは、もともと地球の自転によって起こります。ふだん私たちは感じませんが、地球の赤道付近は毎時約1666.67キロで東へ向かって回っています。これはマッハ1より速いスピードですが、このものすごいスピードに、地球に重力でへばりついている海や空気がついていけず、遅れて移動し始めます。ところが南北の両極付近はゆっくりと回っていますから、空気なども同時に回ります。このスピード差が海流や気流になって循環しています(実際には日照や温度差、その他様々な要因が複雑に絡みます)。

 

まぁつまり、地球が回り続ける限り、空気も、人間も、動き続ける、と。