【女性の革命】

1789年10月6日、フランス革命のただなか。

ヴェルサイユへ詰めかけた市民が、王を強制的にパリへ連行します。

世にいう「ヴェルサイユ行進」です。

 

この行動をおこなったのは、主としてパンを要求する主婦たち。

王と王妃らの乗る馬車をかこんでパリへ向かう主婦たちは、「パン屋のおかみと息子を連れてきた」と叫びながら、小麦粉や食料を積んだ車も行列に従え、勝ち誇ったように行進しました。

 

歴史家のミシュレは書きます。

「この革命は、女性の起こした革命であった。男たちがバスチーユを襲い、女たちが王を奪ったのである」

 

現在も、女性の時代。

もっともっと、女性の行動が期待されています。